2022受賞コスメ

審査員賞:アップサイクル部門
kaika合同会社
KAIKA FRAGRANCE
THE LOCALシリーズ(YAKUSUGI/YAKUSHIMA)

5つの特徴

・合成香料を一切使用せず、天然香料(精油100%)のみで製造

・屋久島で樹齢1000年以上経過した屋久杉(現在伐採禁止)の廃材から、自社抽出した精油を使用 

・ディフューザーリード(棒)は国産の間伐材である杉を使用し、職人が手仕事で仕上げたもの 

・容器はガラス、パッケージはFSC認証の薄型段ボールを採用しリサイクルを考慮した製品開発 

・香りは、老舗ホテルや有名アーティスト等のオリジナルアロマをデザインした調香歴15年の専門家が、自社の国内ラボで丁寧に製造した安全性の高いクオリティーを手に取りやすい価格で一般向けに商品開発

商品の特徴

市販のリードディフューザーは合成香料配合のものが9割以上である中、 合成香料を一切使用せず天然100%の精油/トウモロコシの発酵エタノー ル(1級)のみを使用しています。現在では伐採禁止となった貴重な屋久杉の廃材を自社で蒸留し抽出した精油を使用。屋久杉精油をメインに他の精油も加えルームフレグランスとして幅広い方々に馴染むよう調香し設計しています。優しく空間に広がる香りはアロマテラピー効果も期待でき、屋久島の大自然に根付いた樹齢1000年の杉の香りが深いリラックスへ導いてくれます。

製品開発ストーリー

15年前から天然精油の香りの空間演出を法人向けに展開する中で、ホテルのような上質な香りが自宅にもほしいという要望を多く受けていました。また芳香器やどの精油を選んでよいか分からない方々にも手軽にアロマテラピー空間を継続できるよう、リードディフューザーという形態で一般向けに展開するブランドKAIKAを立ち上げ2021年2月に「THE ESSE NTIAL」(7種類)を販売開始しました。 商品開発はOEMではなく全て自社で製造しているからこそ、原材料からア ップサイクルの実現を考える中で、屋久杉の廃材に費用をかけ廃棄していることを知り自社で廃材を買い取り蒸留して、精油の抽出に成功しました。 屋久杉を使用した商品をクラウドファンディングで販売したところ、119人にご支援頂き目標金額を510%達成した¥1,531,320の実績を経て、2022年3月から正式に「THE LOCAL」(2種類)として一般販売を開始することができました

詳細情報

https://www.kaikafragrance.com/

審査員コメント

屋久島の屋久杉の廃材利用で精油抽出、ディフューザーリードも国産間伐木の杉を採用、森を守る活動にもつながる。

新井 ミホ

廃棄予定の屋久杉を利用し、国内間伐材利用などを積極的に行っている点が良い。

坂口 真生

屋久杉の廃材を買い取り、粉砕した状態で都内ラボまで発送し、輸送回数を減らす工夫をしているだけでなく、商品配送はバイオマス発電でカーボンオフセットを行っている業者を採用。また、自社ラボでは水蒸気蒸留法で使用する冷却水を循環させることで節水し、蒸留後の芳香蒸留水は破棄せずアロマフレッシュナーとして再利用。屋久杉クズはラボ敷地内にある植栽エリアの土に戻して、アップサイクルを徹底させている企業姿勢は高く評価できるし、今後の発展も期待できる。15年のキャリアを持つ調香師が手がけた100%精油の香りは屋久島の大自然をイメージさせてくれる。

田島 尚子

TOP