2021受賞コスメ

製品部門:アップサイクル賞
株式会社サイコー
Chu’s
Chu’s C オイル フォーヘア

ブランドコンセプト

“昆虫”それは母なる大地が与える命の恵み
生命力溢れるそのエナジーとの“新たなつながり”が
貴方の暮らしにもたらすもの それは
発見 驚き そして“未来”

さあ、私たち Chu’s と一緒に
最初の一歩を踏み出してみませんか?
大地の恵みを感じるちょっとした“冒険”に

商品の特徴

コオロギの食用パウダー化の際に抽出・廃棄される、コオロギ油(クリケットオイル)を活用した世界初(*)のヘアオイル。コオロギ油は、動物性と植物性に次ぐ“第 3 のオイル”で、保湿・バリア機能を持つ必須脂肪酸(リノール酸)をアルガンオイルの 3 倍以上含む。

そのほか植物由来の「スクワラン」など厳選したオイルを配合し、髪に自然な潤いと輝きを与え、さらっとのびてふんわりした質感へと導く、地球と人の未来が美しくなるヘアオイル。

*JR UNIQUE FOOD 社調べ

製品開発ストーリー

タンパク質クライシスに対する、地球に優しい新たな食糧資源として世界中で注目・期待されている「コオロギ」。当社も同様に、コオロギパウダーを使用した食品開発を検討していた際、パウダー化する過程でコオロギ油が出て、それを廃棄していることを知った。もったいないという想いから「廃棄されるコオロギ油の活用」へ方針転換。

コオロギ油を調査・分析したところ、必須脂肪酸を多く含み、特に保湿・バリア機能に優れる「リノール酸」をアルガンオイルの 3 倍以上含むことに着目。そのほか、脂質組成が動物性と植物性の中間に位置し、動物性の「肌なじみの良さ」、植物性の「着け心地の軽さ」の良いところ取り“第 3 のオイル”という位置づけで、美容商品にできるのでは、と考えた。

さらに調査を進めていくと、2017 年に出願された特許のうち「食用コオロギは、副作用が少なく、安全であり、合成発毛促進及び脱毛予防医薬品よりも吸収率が高くて、医薬品、補助食品、化粧料などに有用に使用することができる。特に、鉄分、亜鉛、銅、及びビオチン(Bi otin、Vitamin B7)と、毛髪を構成する多量のアミノ酸を含有しているので、発毛に卓越な効果を示している」との記載を受け、頭髪への有用性を知り、ヘアケア商品の開発を選択。昨今のトレンド傾向から、ヘアスタイリング剤として「ヘアオイル」商品にすることを決めた。

開発にあたって苦労したのは、コオロギ油の香り。コオロギの外殻には、甲殻類と同じキチン質が含まれているため、香ばしいエビのような香りがする。食品であれば、無印良品さんのように「コオロギせんべい」など風味として生かせるが、頭髪から「えびせん」の香りがするのは言語道断。

その半面、香りを無臭化する処理は、素材の否定をするようで抵抗があったため、コオロギ油の香りを生かしつつ良い香りにできないか、その調香とサンプル制作を何度も繰り返した。

たどり着いた答えは、コオロギが住む草木系の精油。日本酒が、その土地の米と水でできるように、コオロギの住む環境から生まれる精油で香りづけすることで、コオロギ油臭さをマスクし、「爽やかな草原の香り」へと昇華することに成功した。

コンセプトに「地球と人の未来が美しくなるへアオイル」と掲げ、コオロギ油のほかは、全て植物性由来のオイルを厳選。ヘアオイルとしての機能や使い心地もこだわり、開発中にヘアメイクアップアーティストや美容師への聞き取り調査を行い、「しっとりなのにエアリー」という質感を生み出す。男女問わずご使用いただけるよう、パッケージもユニセックスでシンプルなデザインにした。

詳細情報

https://chu-s.jp/

審査員コメント

櫻井啓裕
コンセプト的には好き嫌い分かれそうだが、アプローチが圧倒的にユニーク。
昆虫と化粧品の融合もある意味、未来的で先を行っているかも知れない。
製品の機能性も悪くなく、デザインも秀逸。

受賞コスメアーカイブ

TOP